「飲食店の経営戦略」を学べる本まとめ。基本の考え方から繁盛店の成功事例、成功哲学まで

繁盛店へと成長させるためにかかせない、「経営戦略」。いったいどう考え、どう戦略を立てれば良いのでしょうか。経営戦略の基礎知識から、繁盛店の成功事例、成功哲学まで、「飲食店の経営戦略」を学べる本をまとめてみました。

経営戦略の考え方を学べる本

飲食店を長く経営していくには、どんな考え方や戦略が必要なのか? 戦略の考え方を学べる本は、こちら。

戦略は「1杯のコーヒー」から学べ!

小売、カフェ、レストラン、ファストフード……コーヒーを商品として提供する業種・業態は意外と幅広くあります。本書はそんな「コーヒー」に着目し、さまざまな企業の経営戦略を解説。同じ「コーヒーを販売・提供する」という行動でも、ビジネスモデルは企業によって千差万別。多様な戦略を覗き見しながら、経営戦略の基本を学ぶことができます。

赤字店を年商20億円に導いた飲食店開業・経営の成功メソッド

赤字店舗を6年間で20店も改善させた著者による、経営メソッドをまとめた一冊。目先の改善策ではなく、「経営の原理原則」を重視した戦略を多数紹介しています。差別化、メニュー開発、集客、店舗展開などあらゆる分野を網羅しているほか、本メソッドを実践した店舗のコメントも掲載しています。

V字回復を実現する! あたらしい飲食店経営35の繁盛法則

コロナ禍を経て一気に露呈した、飲食店経営の課題の数々。それらを別々にではなく、横断的・体系的に解決するための戦略をまとめています。これからの飲食店経営の考え方から、DX活用、人材採用・育成のテクニック、今後の新規出店のポイントまで、経営改善と新戦略ノウハウが目白押し。

飲食店完全バイブル マンガで分かる 永く続く店のつくり方25

マンガ形式で飲食店のトラブルや悩みと、その解決策を紹介。伝説の料理人「マサ」が全国を練り歩き、あらゆる飲食店の悩みを解決していくストーリーとなっています。マサの考えを通して客観的に飲食店の課題を学び、長く続く店づくりのポイントを知ることができます。メニュー開発、スタッフ育成、集客などあらゆる悩みにアプローチ。

飲食店の多様な経営戦略を学べる本

たくさんの飲食店の経営戦略を学べる本たちはこちら。

飲食業界 成功する店 失敗する店

経営・プロデュース・コンサルなどで200店舗以上の飲食店に携わってきた著者が、コンセプト、メニュー、コスト管理など、さまざまなトピックにおける「成功する店」と「失敗する店」の事例と考え方を解説。実例に基づいたリアルな生き残り戦略がたっぷり紹介されています。居酒屋を中心に、多ジャンルの店舗で活かせる施策が満載です。

お客様の五感を刺激する! 飲食店の繁盛アイデア77

長くお客様に愛される繁盛店にするには、立地や価格以外の工夫ももちろん必要に。本書ではその戦略の一手として、お客様の「五感=視覚、聴覚、嗅覚、味覚、皮膚感覚」を刺激することを提案し、店づくりやメニュー開発、販促など、多面的に繁盛アイデアを解説しています。写真付きの事例も掲載アリ。

お金をかけずにお客様が戻ってくる繁盛店の作り方

経営がピンチの時でも、できることは意外とたくさんあります。「打つ手は無限」と導いてくれる本書は、一人で抱え込まずに「他人との関わりに再び目を向けること」を推奨し、経営課題の洗い出しや解決策を提案。借り入れではない手段で、お店を復活させる極意を紹介しています。実践的であることはもちろん、リアルな経験談にも勇気づけられるはず。

繁盛店の成功事例・成功哲学を学べる本

繁盛店の成功事例や成功哲学を学べる本たちはこちら。

鳥貴族「280円均一」の経営哲学

コロナ禍や全国的な値上げの影響を受け、今は280円ではありませんが、その安さとコスパの高さでまだまだ人気を誇る『鳥貴族』。本書では、そんな同店の経営手法と哲学をまとめ。「『思想』なき安売りは疲弊するだけ」といい、お客様と従業員の両方が満足できる店舗経営の在り方を解説しています。

ドムドムの逆襲――39歳まで主婦だった私の「思いやり」経営戦略

店舗数が激減し、危機的状況に追い込まれた『ドムドムバーガー』。そんな同店の救世主となったのが、39歳まで主婦であった著者。同書は彼女が波乱万丈の人生を経て、「ドムドムフードサービス」の社員、そして社長となり、黒字化を成功させた物語を綴っています。

六本木発ワールド・ダイニング

『ハードロックカフェ』や『ウルフギャング・ステーキハウス』、『カプリチョーザ』など人気店を数多く手掛ける「WDI」。45年以上外食産業の第一線を走り続ける同社は、どのようにして生き残り、成長を遂げてきたのか? これまでの歴史と成功哲学を学べる一冊です。

売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放

100食売り切ると営業を終了するという『佰食屋』は、残業ゼロ、早い日はわずか3時間半の営業で閉店する異例だらけの飲食店。しかし、利益はしっかりと上げ、従業員の給料水準は高く、ビジネスモデルとして成功を遂げています。いったいどんな戦略を立てて実行してきたのか? 本書では、同店が歩んできた道のりや経営哲学を紹介しています。

適切な経営戦略は、店舗の規模や価値観、理念によって大きく異なります。ぜひ多様な考え方を参考にし、自分たちらしい戦略を実践してみてください。

もっと「経営ノウハウ」を学べる本を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です