小さなお店・会社の「DX理解・導入」に役立つ本まとめ。基礎知識、考え方、成功事例

ここ数年「DX(デジタルトランスフォーメーション)」というキーワードを盛んに聞くようになりました。しかしながら、一体どういうものなのか、どう活用していけばいいのか? わからず困っている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、DXの基礎知識を学べるものから、実際の成功事例まで、小さなお店・会社のDX理解と導入に役立つ本をまとめてみました。

DXの基礎知識と考え方を学べる本

まずはDXの基礎知識や考え方を知りたい! 最初に手に取りたい、DXの解説書たちはこちら。

1冊目に読みたい DXの教科書

DXとはいったい何なのか、なぜ今、重要性が語られているのか? DXの基礎の基礎から解説した、まさに教科書的一冊です。基本の情報からDX活用事例、未来予測まで、多角的にDXを学ぶことができます。

いちばんやさしいDXの教本 改訂2版 人気講師が教えるビジネスを変革するAI時代のIT戦略

DXの概要、重要性、メリット、トレンドを抑えつつ、実際にDXを導入していくためのステップを紹介。自店・自社の課題を洗い出し、それらをデジタル化によってどう改善していくべきか? 各手法のポイントや注意点を「やさしく」丁寧に解説しています。

デジタル人材がいない中小企業のためのDX入門

デジタルに強い人材がいない、そもそもDXに割く予算や時間が足りない……少数精鋭で闘う中小企業は、こうした悩みを抱えている場合も少なくありません。本書はそんな中小企業でも導入できるDXについて紹介。業務効率化、営業売上アップ、リピーター獲得などに活かせる手法を解説しています。

DX学び直し・再挑戦に役立つ本

DXは何となくわかるけど導入できていない、あるいは導入しようとして失敗してしまった……難しい分野であるゆえに、このような場合ももちろん少なくありません。改めてDXを学び直し、再挑戦にも役立つ本たちは、こちら。

いまこそ知りたいDX戦略 自社のコアを再定義し、デジタル化する

DX推進が叫ばれる世の中ですが、実は導入に悩みを抱える企業も多いもの。なぜ日本企業のDXは失敗してしまうのか? 本書ではDX推進において「超えるべき3つの壁」に焦点を当て、その解決策と事例を紹介。本来あるべきDXの成功とは何かを改めて提示しています。

マッキンゼーが解き明かす 生き残るためのDX

大手コンサル会社「マッキンゼー」による、DX指南書。DXをただのIT化で終わらせず、会社変革のきっかけ、あるいは武器にするにはどうすべきか? その要諦とノウハウを徹底解説。日本企業の現状に触れ、課題と成功のポイントもわかりやすくまとめています。

DX沼からの脱出大作戦

とりあえずDXを取り入れてみようと奮闘しているけれど、何とも成果が上がらない……そんなときの処方箋的一冊がこちら。DXの現場が陥っている状況や誤解、失敗パターンに触れつつ、デジタル分析の正攻法を解説しています。

DXの成功事例を学べる本

DXを上手く活用している企業の事例を学べる本たちは、こちら。

DXビジネスモデル 80事例に学ぶ利益を生み出す攻めの戦略

DXとは、単純な作業効率化だけではありません。本書では、「場を創造する」「非効率を解消する」「需給を拡大する」「収益機会を拡張する」の4つの観点から、DX導入に成功している企業の事例を解説。各ビジネスモデルの成功の秘訣を、図解でわかりやすく説明しています。

DX経営図鑑 

ネットフリックス、ナイキ、テスラ、ウーバー、スターバックス……世界を股にかけて活躍する企業達は、どのようにDXを取り入れ、成長を遂げてきたのか? 本書はそんな彼らのDX導入事例をたっぷりと掲載した一冊。後半には業界別のDX事例も紹介しており、成功のポイントを学ぶことができます。

特定の分野に特化したDXを学べる本

業界や職種、業務など、特定の分野に特化したDXを学べる本は、こちら。

売上増の無限ループを実現する 営業DX

数ある業務の中でも「営業」にDXを活かす考え方と手法を解説した一冊。これからの時代は「足で稼ぐ」ではなく「デジタルデータで稼ぐ」時代? 顧客の獲得からアフターフォローまで無限ループを作る手法や、見込み客を創出し、取り込む方法までさまざまな営業DXを解説。

DX人材の育て方 ビジネス発想を持った上流エンジニアを養成する

自社・自店に「DXに強い人材」がいれば、心強い存在に。本書はそんなDX人材を育成するための制度や必要とされる能力、選定手法、育成手法を徹底解説。特に育成においては自己学習から座学研修、実践演習に至るまで、DX人材に重要な能力を高める方法を掲載し、事例も紹介しています。

給料ゼロ円で24時間働くバックオフィスDX

人事・労務・総務・経理といった、中小企業のバックオフィスをDX化する手法を解説。中小企業こそDXの導入が必要であると主張し、その理由と具体的な進め方を指南しています。DXに苦手意識がある人にも優しい説明で、自社・自店を強くするためのノウハウを紹介。

「DX」という言葉だけを聞くと、なんだか難しく感じる人も多いかもしれません。しかし、上記の手法や考え方は、いずれもより良い店舗・会社運営のために活用できるものばかり。情報を集めてみて、「これを導入すれば自店・自社の利益になるかもしれない」と言えるものを、ぜひ探してみてください。

もっと「業務改善」に役立つ本を探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です